SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
大凧祭り・たんぽぽ(蒲公英)
0
    今日、5月4日と明日5月5日は、座間市の大凧祭り。凧の大きさは13メートル四方で重さ約1000キロあるとゆう。天気は、曇りで風は3メートル前後と予報が出ている。空高く舞い上がる様に成功を祈りたい。
    郊外に出て大空の凧を見るのも結構ですが、時には足元の草花を愛でる、心のゆとりが欲しいですね。
     座間の大凧
                          昨年の大凧

    蒲公英
                    道端の足元に生えた“たんぽぽ”。
                   種子は上に白い毛をつけて風に飛ぶ寸前。

                    飛んで何処にたどり着くでしょうか。




                  「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 野の花 | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    満月と“すすき“への思い
    0
      この時期・座間の草木
      座間市に住んで年月は長い。起伏の多い地形は、今も変わりはないが、住み始めの当時は、自然の林も多く、桑畑なども多かった。しかし、年々開発が進み、今では、満月とススキを、近場で容易に撮影する事が出来なくなった現状です。

      昨年10月、満月の日に、谷戸山公園や相模川堤防での写真は残してはあるものの。今年は、夜間の撮影は、危険が伴うのと、より安全で楽な近場を探している。しかし、これまで適当な場所は見当たらず、来月の満月までは、まだ時間があるので、引き続き探し続ける。しかし、こうして、場所を探しても満月の日に、晴れるとは約束されていない。これも、自然の魅力の一つかも知れない。

            こうして、昼間場所を探している内に、出合った草木の花実。

      yamakuri 秋の味覚の栗
                         「山栗の実」
      農家に植えてある栗の実が開く知らせを待っていたところ、台風9号の影響で栗は落ちて、被害が出たようです。これは、山栗です。

      zakuro  はじけを待つ石榴
                           「ざくろ(石榴)」
      5メートルほどの大きい石榴の木。今年は、大粒の実がなって、実がはじける日を待っている。

      hototogisu鳥の名前ホトトギス
                      鳥の名前「ホトトギス」

      higanbana見ごろ最盛期
                    「彼岸花」畑の隅に咲いて、花は最盛期。

      ukon    異形の花ウコン
                    畑の「ウコン」の花、花の形が変わっている。

      sikibu   ムラサキシキブ
                   「紫式部」この場所は、色付きは遅いようです。

      tutuji   今時珍しいツツジ
                   「ツツジ」季節はずれの、狂い咲き?2〜3輪。

      hagi    秋の七草・萩
                     萩も長い期間咲いています。

      fuyou   芙蓉
                     「芙蓉の花」柔らかくて大きい

      hechima   ヘチマの花
                            「ヘチマの花」

                          写真は何れも9月26日撮影



                     「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
      | 野の花 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      相模川:芝桜・蓮華草
      0
        第3回、新戸相模川芝ざくらまつり
        期間は、4月10日(火)から4月22日(日)まで行われる。また、近くの座間「新田宿」には、蓮華草の花畑も多く点在している。座間の郊外は、花いっぱいで、これから暫らくは、花の見ごろは続きます。

        ここの「芝桜」は、平成14年、伊勢原市の渋田川から、苗を譲り受けて始められた。見事な芝ざくらに成りました。
        場所は相模川「座架依橋」上流から磯辺の堰(三段堰)近くまで、巾4mで約1km続きます。
        座間「大凧まつり」の会場と同じ所です。もう、近くに大凧の骨組が出来ていました。

        蓮華草の花」は、座架依橋下流の座間「新田宿」。芝桜まつりと、5月4日(緑の日)と5日(こどもの日)の『大凧まつり』にかけて、多くの田んぼで見られ、見ごろは、その間続きます。

        綺麗な芝桜
        4月10日の芝桜。長い距離、咲いています。(フイルム使用)

        土手に新設のトイレ     駅から西に1.3キロ
        土手に新設に成った、トイレ。      JR相武台下駅まで1,3kmの看板

        可愛いレンゲの花
        レンゲソウの花は、子供の花冠・首飾りを連想します。
        午後は南風に強く“ゆれて”これ以上、接写出来なかった。

        一面
        レンゲソウ畑は幾つも点在する。
        見ごろが続くように、時差を付けて開花する様です。

        このように、季節の木々や草花を見ていると、一斉に成長が早くて、次々と綺麗な姿を見せてくれています。このページの更新を待っている花は多く、その間タイミングを逸するものが有ります。

        こうして、季節の贈りものに接して居ると、何となく時の流れが、速いように感じる春です。




        「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com


        | 野の花 | 07:55 | comments(1) | trackbacks(1) | - | - |
        里山:見ごろの花たち
        0
          神奈川県座間市、季節の花
          昨日は、曇り時々雨、気温9度で肌寒い一日。里山と谷戸山公園を回った。アオキの花、マルバスミレ類や、ヤマイチゴ、キランソウ、ハナダイコン、アケビ、ムラサキケマン、ムサシアブミ、ウグイスカズラ、ヤマブキなどで、群生の二輪草は寒さと雨に花を閉じていたが、多くの花達に出合えた。

          小さい花です
          「アオキの花」。谷戸山公園にて
          房を成した一つの花の大きさは、一センチ満たないものです。

          雨にも負けず、咲いていた
          「ヤマイチゴの花」。里山にて
          霧雨の森に咲いた、白い花は格別に、安らぎを感じます。

          地獄のフタ、怖いですね
          「キランソウ」。(別名:ジゴクノカマノフタ)里山にて
          花色は他にもある様ですが、地面にはう様に咲いていた。

          多くの場所で見られます
          「ムラサキケマン」。谷戸山公園にて
          高さ20センチ程で、柔らかな表情しています。

          雰囲気だけ見て下さい
          「ムサシアブミ」。谷戸山公園にて
          サトイモ科の多年草。花序は黒の縦縞(たてじま)がある。

          雨具や冷たさに手袋しての花見を、昼過ぎから夕方まで過ごし、季節の贈りものに、飽きることは無かった。





          「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com


          | 野の花 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク)
          0
            野に咲いた可愛らしい花
            昨日、泉の森で可愛らしい、「ジロボウエンゴサク」に出会い、朝の柔らかい、表情の姿を撮る事が出来た。
            その花には、見逃して仕舞いそうな、小さな虫が、花に誘われて花に乗り、羽の手入れをしながら、しばらくの間、過ごしていた。これから、忙しくなる、季節の準備でもしている様にも思えました。

            特徴は花に距があり、長さは1〜2センチで可愛らしい花です。

            語りかけた表情
            背伸びして、何か語りかけている表情です。

            森の妖精
            まるで、森の妖精に出会った雰囲気を持っています。

            花の香りに誘われて
            啓蟄は過ぎたとは言え、虫の出も早いようです。花の香りに誘われたのでしょうか。

            ジロボウエンゴサクは、ケシ科の多年草。原野に自生。五月頃、塊茎から高さ約 10cmの花茎を出し、上部に長い距(きよ)のある紅紫色の花を総状につける。塊茎を延胡索といい、鎮痛・鎮痙薬などとする(大辞林 提供:三省堂。)





            「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
            | 野の花 | 10:45 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
            一粒の実は、何時までも
            0
              万両は自力ある限り熟し続ける
              里山の斜面には、運良く鳥に食われる事もなく、一粒の実が、今以って生き存え(ナガエ)ていた。
              ここまで、熟し続けたのだから、もうここで、鳥と伴に遠くに旅をしても、誰もが君を信じている。
              これから、次の芽生えの備えをしても良い時期だから・・・君の好きな様にした方がいい。
              ここに留まり、何時までも、ゆっくりしても良いけれど・・=写真=

              情熱の赤い一粒の実
              一粒だけ、今も尚、熟し続けている、万両の実(3月20日撮影)

                        弥生月一粒存え(ナガラエ)万両かな   八景

              万両の花は、真夏の太陽がふり注ぐ、7月から8月に白い花をつける。それから、11月から4月頃まで、沢山の赤く情熱的な実を葉に隠れるようにして、下向きに点ける。正月には千両と共に、縁起物として、喜ばれて、彩を添えます。
              ヤブコウジ科で実の径は7ミリ程で小さい。

              可憐に咲いた*スミレ
              一粒の実の下には、春霞の陽を浴びて、可憐な「スミレ」が沢山咲いていた。

                        霞陽に舞台おどりの菫草   八景




              「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
              | 野の花 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              “カタクリ”の花、見ごろ
              0
                大和泉の森公園
                弥生の春は花盛り。園内には「カタクリ」の花は見ごろで、「雪割草(ミスミソウ)」も長い間、色々な色どりで咲いています。園内の見本園は手入れが行き届き、花達はみんな元気です、そして、ポピーは色鮮やかでした。

                カタクリと雪割草は「ふれあいの森:緑の見本園」の階段を上がった「ばら園」と、そして、「しらかしの」売店北側、国道246号陸橋北の2ヶ所で見られます。

                昨日の園内の、民家園では、河津桜まつりが行われて、花見と俳句会に、家族ずれや、また、仲間達と、多くの人が訪れていました。

                ユリ科のカタクリ
                ふれあいの森「緑の見本園・ばら園」のカタクリの花、
                写真は何れも、3月18日撮影

                しらかし
                しらかしの森のカタクリ

                色鮮やかなポピー
                緑の見本園のポピー

                花壇は何時でも、手入れの行き届いた、数多くの花が咲いています。




                「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                | 野の花 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                猫柳“違いが分かる方”教えて・・・
                0
                  なぜ、こんな穂の出方をするのか?】
                  猫柳の白い穂は、赤褐色の鱗片(りんぺん)が取れて、開きます。その取れ方には、2通りの方法があり。その穂が出る様子を撮影しました。

                   ∧罎両紊卜嬖劼痢繁校劼鬚ぶって”取る方法(写真上)。
                  そして、
                  ◆桃太郎の誕生で見るように、燐片を“かき分け”て、姿を見せる(写真下)。
                  この2通りの方法です。

                  どうして、この様な違いの出方をするるか、心当たりのある方は、理由を教えて下さい。

                  帽子を取って咲く猫柳
                   ∧罎両紊卜嬖劼遼校劼鬚ぶって取る方法:2月20日撮影
                  この写真は、前回の投稿、「猫柳、早春の風享けて」で取り上げた、写真です。


                  ハカマを脱いで咲く猫柳
                  ◆桃太郎の誕生で見るように、燐片をかき分けて、姿を見せました。3月5日撮影

                  写真は座間市と海老名市を流れる、目尻川で撮影しました。猫柳の木は別々のものです。中には、同じ木で´◆畆命拭瓩睚罎肋さいですが、同じ木で見る事がでました。

                  どの様な理由か、お分かりの方、お手数掛けますが、教えて下さい。





                  「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                  | 野の花 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)とは?
                  0
                    野に咲く一輪の花】 
                    花は何処にでも在りますが、とても、面白い名前が付いています。要約すると「大犬の金玉(きんたま)」=睾丸(こうがん)です。「陰嚢(ふぐり)とは金玉」と辞書にあります。早春の足音を聞きに、郊外へ足を運ぶと、見逃して仕舞いそうな、大きさは、1僂曚匹痢△箸討眈さい花です。
                    この花は、名前は聞いて居ましたが、調べてみると、明治時代の頃、ヨーロッパ原産で、日本に帰化したそうです。
                    そして、名前の由来が分かりました。、滑稽な名前ですね。

                    沢山、可憐に咲いていました。大きく撮るとかえって分かり難いかも知れません
                    とても可愛い小さな花です
                    これが、オオイヌノフグリです。
                    見逃して仕舞いそうな、とても小さい花

                    ゴマノハグサ科の二年草。茎は基部で分枝し地上に広がり、葉は対生または互生し、卵円形で柄は短く。花冠は深く4裂して、ルリ色で紫色の条があります。おしべ2個あります。

                    花が小さい写真だと、きっと皆さん、これが「オオイヌノフグリ」とご承知でしょう。
                    「オオイヌノフグリ」撮影は座間市「四ッ谷」


                     参考資料:広辞苑と大辞泉




                    「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                    | 野の花 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    猫柳、早春の風享けて
                    0
                      野に咲いた一輪の花
                      都会の小さな川淵を犬と散歩していると、一本の猫柳が、早春の風を享けて、今にも、赤褐色の鱗片(りんぺん)の冬衣を脱ぎ捨てて、新たに白い穂をまとう、瞬間に出会いました。
                      また、犬は一段と緑を増した、「ハコベ」の匂いに、何時もとなく、鼻を摺り寄せて止まることしばし、そこにも、春の足音が聞えて、川面の光りはキラキラと、輝きを増していました。

                      雌株と雄株があるそうです

                      「雨水」を迎えた、2月19日、相鉄、かしわ台駅近くの目久尻川
                      河川の管理者が植えたのか、一本の猫柳。
                      いち早く、春への移ろいを知らせてくれる、心ずかいが嬉しい。




                      「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                      | 野の花 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |