SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
草花と親子
0
    この時期、バラや菖蒲などの花の話題は多く聞かれる中。親子で野の花を摘んで遊ぶ、微笑ましい光景と出会った。その時、小さい野の花を手にした子供の表情は、実に無邪気で可愛らしい仕草を見る事が出来ました。

    草花を手に可愛い仕草
                   この時の子供心を覗いて見たい。

    親子触合いの幸せ
                野の花と、ひと時を過ごす幸せを感じます。

                        座間市芹沢公園



                  「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 芹沢公園 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    家族・憩いの広場
    0
      休日の昼下がり、広い芝生でくつろぐ家族と出会った。その様子は微笑ましく、しばらく、その様子見守った。やがて、お父さんと男の子は、サッカーボールを蹴り始めた。

      憩いのひと時
                      心地良い、「芝生の広場」
      3本のエノキは芽吹き、日増しに緑の色を変えています。
                その木の下では、夫々の家族が憩う姿が見えます。

      元気いっぱいな龍也君
                           龍也君6才

      ボールの位置から少し角度を付けて蹴っていた。上手に蹴れる様に成ったと、
      お母さんの明るい声が聞こえる。龍也君の弟?は、木陰で哺乳瓶を口にして目をまるくして、澄まし顔が可愛い。

      ”微笑ましい”ひと時の場所は、座間市芹沢公園「芝生の広場」 4月12日。




                    「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
      | 芹沢公園 | 09:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      カンチク(寒竹)、キイチゴ(木苺)
      0
        《 春雨の森 》
        寒竹の生える場所に行くと、竹は細く薄い皮に包まれ、若々しく、背丈以上に直線に伸びていた。そこは、違った雰囲気を漂わせて、竹林の美しさを見る事が出来た。

        薄い竹の皮の隙間から見える稈(かん)は、黒紫の色をして、背丈以上に伸びて、未だ、笹の葉は無く、これから芽吹きをする時期でした。

        竹の持つ雰囲気は格別
                            寒竹の群生

        寒竹の芽吹き
                          寒竹の芽吹き。

        キイチゴの実は、黄色?赤色?
                            キイチゴ(木苺)

        木苺の花は、常緑樹の森を背景に生え、細い枝に、若葉と一緒に咲き並んで、花の白さは、一際新鮮です。

        その他には、「ダンコウバイ」の黄色い花、「キブシ」の連なった花、そして、落葉樹の木々は芽吹きを初めていた。

        そして、帰るころは、空は明るく成り、桜のつぼみには、座間の鳥「シジュウカラ」やコゲラが飛びかっていた。

                        撮影地:座間市:芹沢公園




                      「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
        | 芹沢公園 | 07:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        犬(ボーダコリー)・鳥(イカル)・花の春
        0
          座間市・芹沢公園とその周辺
          座間市内で“イカル”がいる場所を知人から教えて貰った。公園の朝、「芝生の広場」は、様々な人が憩う。犬のボーダコリーは、ひと際元気良く動く。・・人影が消えた、お昼時間帯になると、今度は、鳥達が一斉に“ミズキ“の下に降りた。

          犬(ボーダコリー)     見事にキャッチ
                     名前は「ワン(ONE)」君。
          森から帰って、カメラを向けたのは、最後の運動でした。アァ〜残念!
          *ボーダコリーは、牧羊犬に使われる、賢い犬ですね。

          鳥(イカル)
          可愛い囀りをしていた
                         一羽の「イカル」
          12時30分、お昼の少しの時間帯に、人の気配が無くなった。すると、鳥達は、一斉にミズキの大木から降りた。その中に、一羽のイカルは、「シメ」や「カワラヒワ」の中にいた。また、この公園で長い間、バードウオッチングをしている人は、6年ぶりにイカルに合った、とも言っていた。やがて、午後になると、今度は、子供達がやって来た。

          花の春
                柔らかい色合い
                          満開の「ミツバツツジ」

          帰り道。公園出口近くの、栗原中央5丁目、大澤三朗さんの奥さんに出会い、お庭を拝見させて頂きました。
          写真の他に、オオヒカンザクラが咲き始め、今年は、遅いミツマタが咲き、アシビ(馬酔木)、モクレンや、イワシャジン、スミレやラン、ヒヤシンス、なども咲いていた。ナンキンモモの蕾みなど、花木や草花を沢山見せて頂きました。

          この様に、芹沢公園は、犬や鳥たちも憩い、近くには、春の花もいっぱい咲いていました。




                        「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
          | 芹沢公園 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |