SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
<< 猫柳“違いが分かる方”教えて・・・ | main | 今、“メジロと河津桜”が面白い >>
相模川:風光る
0
    川の流れは、父母のように
    《巧の水6》
    「啓蟄」の昨日は、最高気温18度の相模川、中流域(東側の座間市)には、早い春の日ざしを享けて、*キラリ*と、光る水辺が在りました。本流には、川鵜の食害から守る、鵜除けの縄が新しく張られて、稚鮎の放流が近い事が、うかがえます。そして、
    流れ止まない、水嵩は、一昨夜の雨で、何時もと比べて、僅かながら多く感じて、それが、一段と、水の表情を際立てていました。

    水辺の春は光りとともに
    水面は、春の日が、柔らかく揺れて*キラリ*と、光って「母のように優しさ」を感じます。

    優しく、厳しい、川の流れ
    一方、激流の、水の表情は、「力強い父親」の様に思えます。

    相模川の源流は、山梨県の山中湖です。河口は平塚市と茅ヶ崎で、全長さは109kmです。

    ノイバラの若葉

    護岸には、一番先に芽吹く、「ノイバラ」は柔らかく、若葉はこんなに伸びて暖冬を、此処でも感じます。
    そして、
    藪からは、上手になって、澄んだ声で、「ホーホケ・キョ・・」と、ウグイスが時おり、囀って、春を一段と演出しています。

    追記、
    鳥との出会いは、カワセミ、カワラヒワ、ジョウビタキ、ホウジロ、タヒバリ、ツグミ、ダイサギ、カワウ、です。カモ類は見かけません。
    ウグイスは綺麗な囀りの声だけです。

    昨日「啓蟄の日」の相模川の様子でした。




    「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 巧の水 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。