SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
<< 阿波踊り・写真 | main | 厚木・鮎まつり大花火大会 >>
慈愛に満ちた、ご尊顔
0
    突然の出会い・写真】
    人物を撮影する時は、事前に了解を得るのが普通です。しかし、撮影を優先して行う時もあります。その時は、肖像権を得られない場合は、その時の写真は「ボツ」と成ります。

    今回の写真は、公園で子供の表情を撮る為に、子供の目線まで腰を低くて、
    表情を追っていた。その時、左の方から突然の様に、車椅子のご婦人と、お伴のお二人を目にした。その瞬間に反応した時の写真です。反応の理由は、一般に見ている人と違った雰囲気を持ち合わせであった事と同時に、慈愛に満ちた、ご尊顔の持ち主であったからです。

    慈愛に満ちたご尊顔
    母を思い起す様な、慈愛に満ちた、ご尊顔。7月25日、県立相模三川公園にて。

    撮影の後、お互いに、簡単な会話のご挨拶して、一枚のチラシを戴いた。それに依ると、「キリストの後に従いなさい!」と題して、エホバの証人は、8月10日(金)〜8月12日(日)、横浜アリーナでの集会の招待のチラシでした。

    お二人方を見ていると、内面からにじみ出る、柔らかい表情は、きっと
    ご自身の、自愛からにじみ出る、慈愛への気持の現れと察する事が出来ました。

    巧自身は、仏教のお寺に、お墓を用意してあり、何れは其方に行くことに成るのですが・・・今を生かされている感謝の日々です。
    聖書は備えて有ります、時折読み返す教えは、「ヨハネによる福音書」第12章のなか。
    「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただの一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。・・・」。この教えとブログ名「一粒の実」は共通点を憶えています。

    最近、巧への天の声は、まれに、読む、「加藤秀俊先生」の「著作集」を20年以上も前から、読みたい時に、手にしています。それは、1980年、発行所、中央口論社。

    しかし、日々の「天の声は、家内からの声かも知れません」。それは、毎日の餌さを与えてくれる、感謝の気持からでしょう。これが、現実の暮らしです。

    ご慈愛に満ちた、お二人にお会いして、思いのままの記事です。

    これから、本格的な暑い夏を迎えます。どうぞ何時までも、ご自愛下さい。




                   「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 巧の金庫 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yuyu-photo.com/trackback/621490