SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
<< 長野県・秋の旅便り(4) | main | 座間市の巨大ひまわり・コンテスト >>
長野県・秋の旅便り(5)
0
    軽井沢・プリンスショピング プラザ
    信州・善光寺では、本堂再建300年で、参詣記念として「散華(さんげ)」を戴いた。仁王門や大本願など後にして、長野駅までは、女性が運転する、100円運賃のバスに揺られた。その揺れも優しく感じたのは、気のせいだろうか。

    2482-s仁王門
                左右の仁王門様が見守る、歴史ある仁王門。

    2480-s大本願
                       大本山・大本願

    2502-ss循環バス
                  優しさを運ぶ100円の循環バス

    軽井沢・プリンスショピング プラザ
    5805-s賑わいのプラザ通り
                 何処から来たか、人の波で賑わうプラザ通り。

    長野新幹線「長野駅」近く。店は近代的な造りで、「ニューウエスト」・「ウエスト」・「ニューイースト」・「イースト」・そして「軽井沢味の街」と区画が成されて、その店、約190は賑わいを見せていた。名前がプリンスと付いている様に、一言で言えば、若者向きの街と言って良いだろう。しかし、食品店では、信州味噌をアレンジした、ソースなど新しく開発された品など、色いろ、クラッカーに付けて、試食出来るのは嬉しく、品数も多い。

    軽井沢・銀座
    プラザからは、タクシーで約10分の移動。その間の道は途絶える事は無く、人が歩いていた。街に着くと、大分以前に来た町並みとは、変わっていたが、懐かしさを感じる街。子供から高齢者まで、幅広い年齢層の人が街を行き交っていた。

    5810-S落ち着く銀座
                人は多いが、何となく落ち着きのある町並み。

    5813-S写真店
    5816-S写真店
    この写真店のスナップは、軽井沢・銀座を代表する様な佇まい。古い物から新しい物を扱う。誰もが立ち寄りたく成る様な店が建ち並んでいた。

    こんな長野の良い所を見て来ると、やはり初日見た、長野路の風景は蕎麦所の秋景色を再び思い出した。
    5645-M蕎麦の花
                 「蕎麦畑」大町市「日向(ひなた)山・高原」

    記念品
    2588s  鳥の白い置物
    黒部ダム放水の白い瀑布、今回合えなかった雷鳥をイメージした、白い鳥の置物を善光寺で買い求めて、記念品とした。

    大切な記念は、敬老の日に、子供夫婦が心使いの旅。親への「思いやり」で、家庭を持つ親子で、秋の長野路を旅した事が、一番の記念と成って忘れる事はないだろう。そして、一切の散財を掛けた、子供夫婦の事を思うと少々心苦しい。こうして、時代の移り代わりを感じたのだが、これも仕方ないことである。



                   「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 旅便り | 09:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    旅は良いです。
    | 旅の星 | 2007/09/27 6:30 AM |










    http://blog.yuyu-photo.com/trackback/666952