SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
<< 小田急:新型ロマンスカー | main | 犬(ボーダコリー)・鳥(イカル)・花の春 >>
鯉を救った家族
0
    16日午後の目久尻川。卵を身ごもった30センチを超える、一匹の鯉を助け出そうとする、お父さんと、その家族に出会った。水の深さ3〜4センチの場所に、大きい体を水面から出して、苦しそうな鯉の救出劇です。

          お父さん頑張っている
    最初は、鯉を発泡スチロール箱に入れて、上流へ運搬して運ぼうとするが、斜面が滑るため、上に上る事が出来ず、ひと苦労。何回も行き来きして、チャレンジしても、上流へ運ぶ事は出来なかった。

          行ったり来たりの繰り返し
    とうとう、発泡スチロール箱をあきらめた。今度は、ビニール袋に入れ替えて運ぶ事にした。その間、お父さんは、上る場所を探して、何回も川底から上がったり、下がったりを繰り返して、奮闘し続けている。

          お父さん頑張って!
          上からは、子供達が、お父さん早く助けて〜!と叫び!せかす声。

    ビニール袋に入れられた鯉は、お母さんに引継がれて、栗原遊水池に運ばれる。ここで、小生も、家族の奮闘振りに手助けしたいと思って、池までの少しの距離を運搬させて頂いて、お手伝いする事が出来て嬉しいです。

          遊水池に無事に帰って行った
           こうして、栗原遊水池に無事に、帰す事が出来て一安心です。
          救われた鯉は、皆さんへのご恩は、末永く忘れないと思います。

    座間市栗原中央に、お住まいの「森原 卓」さま、ご家族の皆さん、お疲れ様でした。

    この日、夕食時のひと時は、鯉を救った、ほのぼのとした、家族の会話が聞こえて来る様です。




                  「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 目久尻川 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yuyu-photo.com/trackback/802609