SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
犬、「DAN(ダン)」の散歩日記
0
    飼い主が旅行の為、7日間、犬を預かり、散歩させる事に成った。旅先に犬の様子を報告するページです。飼い主と私の固有の言葉がある為、難解を承知で、書いて有りますので、悪しからず。
    犬は中型の「コールデン・レトリバー」の雑種の雄で“ふさふさ”した毛並みは、大型犬の「グレート・ビレニース」にも似ています。飼い主との出会いは、子犬の時、捨てられて夜中、さ迷っていたのを、飼い主が救って出会いました。それから15年になります。
    性格は、優しくて、とても力持ちです。

    生きものを飼うと愛情が湧いて来ます
    お供する「DAN(ダン)」です

    「ダン」の散歩日記
     2月15日 PM3.30分】晴、
    散歩開始予定は4時でしたが、3時15分頃から軽く吼え始めた為、15分待って、3時30分から出かける。最初庭の仕切りを開けても、不思議そうな顔をして向かえてくれましたが、ロープを持つなり、喜び興奮する。散歩する事が分かったらしい。庭を出るなり、予定の場所で一回「小」する。
    息を弾ませ、私を引っ張る。200m過ぎた所で、予定の「大」、程よい大きさで4個、硬さ良好、勿論持ち帰る。健康状態は良好のようです。
    予行練習の時より、「小」の回数がやや少なめに感じました。

    コースは「ダン」の行きたいコースにした。すると、亀島公園の方に行きたい様で、そのまま公園経由、目久尻川へ向かう、橋を渡るころから興奮した、息ずかいも収まり、河淵を歩く時は、すっかり、落ち着き、ゆっくり散歩の気分になり、「ダン」と私の呼吸も合って来ました。
    近くの、中学校裏から帰路につく、何時ものコースに帰ってくると、足取りも落ち着いていることが、読み取れました。4時10分まで、40分の散歩時間。帰ると、先ず水を飲む、何回も繰り返して飲んで居ました。
    カンズメ:半分  乾燥物:半分 削り節:小々 キャベツ少々。
    一気に完食。物足らない様子。

    4時30分頃、吼え始め、あたかも、家人を呼んで居る様でした。雨戸を閉めるため訪れと私の顔をじっと見ている為、ほんの少し餌を追加すると、これも一気に完食。雨戸を閉めた事と、追加の夕食で落付きました。
    私が家に帰るのをじっと見つめていいます。
    何時もは声掛けても知らぬ顔しているのが、こうして愛情が次第に湧いてくる事を感じます。

    「ダン」の散歩日記
    2月16日 AM7時45分】晴
    散歩の予定時間はAM8時ごろですが。朝7時、「ダン」を見ると、吼えないで、もう起きていました。
    今朝の気温は2℃で寒い朝です。コースは「ダン」に任せる。いきなり、公園で「大」、大きさ、硬さとも、変化は無い、4個、勿論持ち帰る。今日は北へ100m程進み、国道に出ず、曲がり、今度は東に進み梅林を通り過ぎて、400mの橋を渡る、橋では「小」せず。渡り終えたところで、橋の下へ降りる。目久尻川経由帰宅。30分の散歩時間。
    帰宅と同時に水を飲む。その間、食事の準備をしていると、早く食べさせろ!と声をあげる。その表情は、私に良く分かります。
    食事の量は予定通り。

    「ダン」の散歩日記
    2月16日 PM3.45分晴、気温12℃
    今日は、静かに待っています、3時45分から出発。庭を出るなり、予定の場所で一回「小」。息を弾ませ、私を引っ張る。予定の場所で、「大」、大きさ硬さ変化なく4個、健康状態は良好のようです。
    時々、「小」繰り返しながら、昨夕と同じ、亀島公園の方に引っ張る、目久尻川へ向かう、橋を渡るころまでは、時々興奮した息ずかいをするが、河淵を歩くときは、ゆっくり歩いて散歩の気分です。「ダン」と私の呼吸も合ってきた様です。中学校裏、信号を渡り、何時ものコースに戻る。

    帰宅すると、昨日と違い落ち着いて、水を飲む。その間、食事の準備をする。カンズメ:半分 乾燥物:半分 キャベツ:少々 削りぶし:など。
    一気に完食。物足らない様子だがこれにて終わりにする。
    小屋の毛布を日干して、たみ入れて置くと、気持ち良さそうに休息している。

    「ダン」の散歩日記
    2月17日 AM6時45分曇、気温2℃
    朝6時半ごろ、寂しそうな声、幾らか小さく訴えている、少々早いが、近寄ると、水のボールが二つとも空の状態。補充すると、飲み始める。一息ついて、散歩開始。予定のところ「小」一回。50m程進んだ所で「小」2回、量多い。さらに50m進みと「小」かなり多い量になった。30m進むと「大」長め2本、予定のコース。

    それから、今日は、国道の方に私を引っ張る、少々坂道、初めての散歩道、5分ほど迷走しながら遊ぶ。今度来た坂道を力強く引く。早く帰りたい様に思えた。何時ものコースに戻ると自宅方面に戻った。今日は時間にして25分で距離は短いほうです。

    餌は何時も予定した量、ところが、キャベツが無くなった為、新規に刻み、混ぜ与えると、何時もと変わった表情で躊躇して私の顔を2回ほど見て食べましたたが、キャベツを混ぜた缶詰めの方だけ食べ終る。
    ドライの方は残す、2時間ほど過ぎたころ見ると、完食していた。
    11時30分ごろ、食べた物を戻している。生きものを飼う難しさを知らされます。しかし、空腹のこと思い、今度、千切りの野菜入りは入れず少しの量にして完食した。昼間は静かに休んでいる。一安心。

    「ダン」の散歩日記
    2月17日 PM3.50分曇り、気温8℃
    予定通り、「大」100m地点、2個。予定のコース、今日は亀島を通らず、国道方面に坂を西に登る。新しい道路を進みたがる様子、10分ほど、迷路に入る。やがて、帰路につく、出発から30分程度に「大」2個、落とす。帰路で何時ものコ−スに出てゆっくりと、例の梅林に近づいた頃から雨が降り出した。昼間戻して心配して居ましたが。何事も無い様子に一安心です。
    夕食はやや「すくなめ」にした。ドライ・缶物・削り節・キャベツ・そして、煮干を少し加えた。完食して、小雨の為か?小屋に入り、すぐに横になる。時間、約50分です。

    「ダン」の散歩日記
    Α2月18日 AM9.10分雨、気温6℃
    昨夜からの雨が続く。予定の8時、声を掛けても、雨の為か小屋で寝て身動きしない。
    雨の対応を飼い主と連絡とる、しばらく様子をみた。起き出したため、9時10分小雨の中出発した。「小」予定通り、200m程で「大」3個。コースは下の公園を進み、右折れして、梅林経由、林の道路渡り、坂を下り、左へ釣具店に出て、国道沿いに帰路につく。
    かなりの濡れようだった。餌は予定通り。

    濡れた毛並みをタオルで拭くと、嫌らしく、ウオーと一声出す為、拭き取れず。未だ、信頼関係の無さは止もう得ないところを感じる。
    直ぐに我が家に引きこもり、横に成った。
    犬は好きなコースを歩きたがる様に、私を強く引っ張る、自分の首が絞まるのと、力比べの感じです。雨の中、35分間でした。雨は正午頃止んだ。

    「ダン」の散歩日記
    А2月18日 PM3.45分うす曇り、気温11℃
    何時ものコ−スから、亀島公園から左(東)に100mほど、さ迷い帰路に向かい、今朝の梅林から畳み屋さんの道路を渡り、釣具店に出て、国道沿いに帰宅。気になる事「大」を行っていない。「小」は何時もと変わらない。餌は何時もより減量して与えてあります。ダンは要衝で首が痛いか心配になる位、私を強引に引っ張る。結構汗をかいた。食事の準備をしていると、4時30分のチィムが鳴った。

    特記すべき事:「大」を行っていない事。

    「ダン」の散歩日記
    2月19日 AM7.45分】曇り、気温5℃
    予定のコース100m程で、昨夜来、心配していた「大」3個落す。一安心です。状態も普段通り、良好。
    今日は力強く私を引き、亀島経由、目久尻の淵を歩く、今日は何時もより、匂いに敏感な様に思える。緑に芽吹き、程好くお湿りもある、小さな草あたりを嗅ぐ、時には一箇所に5分位、留まった。「此処掘れワンワン」を思い出します。此処でも春の到来を知る事が出来ます。
    信号では、「待て」の声に反応して、止まっています。
    学校裏の菜の花を右手に、坂道を登る、今日は少し、太った感じがして重たいようです。
    別れ道に成ると、強引に私を引く、何時ものコースに来ると、声を掛けられ、飼い主さんは?・・。自治会館の水場に強引に私を導き、水を要求している事が分り、結構な水の量を飲みました。
    また、幾つか別れ道を通り、梅林方角に行く、畳屋の道路を渡るのに最大の力比べがあった。結局は釣具屋経由、国道沿いから再度、梅林沿いに9時に帰宅しました。
    餌は心もち少なめに与えました。

    「ダン」の散歩日記
    2月19日 PM3.45分】曇り、気温13℃
    風もなく、冬にしては、穏やかな気候。何時ものコース100m地点にて「大」やや大きい物、2本、状態良好。帰路、自治会館水場にて水飲んだ後、進路変更、さらに、梅林脇道路を得て畳屋前、道路を強引に私を引いて渡る。園芸ハウス前駐車場にて、5分ほど過ごし。その場から来た道を引き返す。帰宅4時30分。餌通常の量にする。

    私を見送る「ダン」
    沢山の庭の花、皆元気です。「ダン」は私を見送ってくれました。

    「ダン」の散歩日記
    2月20日 AM7.30分霧雨、気温5℃
    朝7時、様子を伺うと、もう起きている。一声掛けて、7.30分散歩開始。
    コースは下の公園から北に進み、「小」適量を落す。100m過ぎた所で、「大」3個、健康状態良好。梅林過ぎて、畳屋さんの県道を横切り、青草の匂いしきりに嗅ぐ。
    今日は、幼稚園を過ぎた地点から、急に力強く反転して、帰路についた。
    反転ぶりは、よほど、国道に出るのが嫌なような、力強い意志を表す仕草だった。
    梅林を過ぎたころからは、落ち着き「テクテク」の歩きです。
    こうして、45分間の散歩を終えました。
    庭には「ボケ」=写真=の花が満開に成っています。チュリップの芽も大きく成りました。

    満開のボケの花
    庭に咲いた満開の「ボケ」

    「ダン」の散歩日記
    2月20日 PM3.50分】曇り、気温5℃
    午前の散歩から、間もない頃から、降り続いた雨も止み、散歩開始した。コースは下の公園から北方面に行き、何時もの「大」の場所で2本、そして、引き返す。
    基本コースに寄り道をしながら、逆コースをたどる。
    散歩時間20分過ぎころ、急に立ち止まり「液状の物」を戻した。色は牛乳の様に白いのと、オレンジ、ジュースがやや薄い様な色、そして、唾液の様な透明な液です。量は目安30cc程度と思われる。
    体調が優れない事を知り、散歩を未だ続けたい様子でしたが、帰宅に導きました。
    今日の散歩時間は、実質約30分です。
    夕食の餌は、缶詰に削り節・乾燥物、シンプルに与えました。準備している間に、早く食わせろと、何回も督促の声を出すほど、食欲はあり、すぐさま完食していました。
    健康状態を見分ける、難しさを痛感です。

    特記すべき事:前記した様に、「液状の物」を戻した事です。

    「ダン」の散歩日記
    2月21日 AM7.45分】晴れ、気温4℃
    日差しは春の気配ですが、今日の風は未だ冷たさを感じます。
    そんな、朝の散歩となりまた。
    昨日の「戻し」が気に成っていたが、元気そうな様子一安心です。
    コースは下の公園から北方面行き、何時もの「大」の場所で2本落して、ここは、お気に入りの場所となった。そこから引き返す。何時ものコースに戻るときは、私を力強く引いて導いてくれます。
    自治会館の方に行きたい素振りでしたが、昨日の「ダン」の体調を考えて、事前に自宅へ帰るように、コ―ス取りをして帰りました。少ない時間30分でした。朝食は何時もの定量を与えて完食です。

    「ダン」の散歩日記
    2月21日 PM3.50分】晴れ、気温15℃
     穏やかな午後の散歩、コースは公園経由、何時もの道は宅地工事のため、一段上の道を通る、そこで、「大」4個。体調良好。それから、亀島に行き、此処で初めて、声だけの接近戦、相手の背は小さいが頑丈そうな体格、無事通り抜ける。
    お供の、力が無いと引きずられて、大事になる思いでした。やれやれ!一安心です。
    亀島を一巡して、引き返し、何時ものコースになると、テクテク、静かに帰りました。実質30分の散歩時間です。
    夕食は、予定通り、与えました。

    今日、気が付いたことは、三叉路に指しかかったら、自分から先に方向に進むと、犬は自然に付いてくる様です。一時的であったかは定かではない。今後の試行する課題です。




    「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
    | 巧の金庫 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    “デコポン”本場「田ノ浦」から届いた
    0
      熊本の友人から美味しい贈り物
      田ノ浦は「みかん」の本場、甘夏みかんは「マルタ」のマークで有名ですが、今回は「デコポン」と言う品種が届きました。甘味と程好い酸味のバランが、薄皮にまとわり付いた「ジューシな味」と、その食感は最高のみかんです。「光りセンサー合格」シールが付き、品質管理された高級品でした。

      何時までも、残して置きたいと、思いましたが、丁度、食べ頃に成っていました。残すのは、写真だけにします。こんな時「うまかばい」ですね!
      美味しいみかんでした
      左は、薄皮を取ってあります、右、薄皮ごと食べれます、果肉いっぱいです。

      厳選された高級品でした
      厳選された高級品です。シールの裏に、「ポンカンを父に、清見を母として
      熊本で育った柑橘のサラブレッド」と書いてあります。

      「マルタ」のマークは有名です
      本場:葦北町、田ノ浦の「マルタ」マーク。

      このケースで届きました
      このケースで届きました。

      田ノ浦には、
      私も何回か訪れた事がありますが、不知火海の夕日が見える「お立ち岬」の観光スポットは温泉と海水浴場になっていました。バンガローに宿泊した事を思い出しました。バンガローと言っても立派な一個建ての別荘で格安の、思い出があります。魚釣り場も整備されていました。他に「立ち魚の味りん干」は生産者で微妙に味が異なって、ご飯の「おかず」や「おつまみ」に良い、名産品でした。

      近年は道路の整備が進み便利になった様です。「道の駅たのうら」で買った、コハダ(コノシロ)の寿司は美味しかったです。
      太刀魚の刺身は、きらきら輝き味も抜群、芋焼酎飲みたくなりました。

      H.Oさん、美味しい、みかん有難う御座いました。
      東京は何でも在りますが、こちらから何が良いか思案しています。
      期待せずに待って下さい。八景




      「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                            
      | 巧の金庫 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      高齢化社会と自助努力
      0
        友人からの便りは、福祉と介護の問題でした
        友人は「高齢者福祉」と「介護保険事業特別会計」を担当して、重要なポストを担っている人物です。平成19年度当初予算の「ある長」の査定が終わって、一段落しての便りでした。介護保険事業は、介護保険法の改正が行われて、給付費の抑制が数字に表れて、前年度と比較すると数億円の減額となるそうです。

        高齢者福祉は、高齢社会の到来で対象者は年々増加する一方で、事業の厳選が必要になり、老人クラブの補助金も話題になっているようです。
        予算面から視ると、会員の「自助努力」を希望する事も書いてありました。確かに今の日本を築いてきた、功績は認めてはいるももの、財政が厳しい状況では、いつまでも特権扱いは出来ない現状を訴えていました。

        また、年々厳しくなる、予算の規模も縮小して。北海道の○○市は、全国に教訓を与えてくれて、身が引きしまる思いでいる事も付け加えています。

        私自身、政治や経済そして行政に関心が薄く過ごして来た手前、反省しています。それぞれの社会を担う指導者を選ぶ選挙の時、目先の損得にとらわれず、長い目で「町創りが出来る人」を選べる市民で在りたいと痛感しています。
        昨今の報道を見たり、聞いたりしていると、「長の肩書きを持つ人物」の事件が多く、倫理感の無さに、何とも嘆かわしく思っています。

        友人が指摘する「自助努力」の言葉は、私の先行きに、重く受け止めています。自然淘汰で、明日は我が身です。介護の問題などは避けて通れません。これから時間を掛けて真剣に考えて行きたいと思います。
         
        楽しく和気会いあい   
        県立三川公園(海老名市)。ゲートボールで和気合いあい。楽しそうでした。

        「自助努力」は周りの人に迷惑を掛けない様にする為には、方法として、働く事、社会参加、学習、趣味、その他、色々と生きがいを持ち乍ら、いかに体力を長く維持して行くかを考えさせられました。


        健康作りに人役かう         
        海老名市は相模川、河川敷運動公園に、健康器具を20個設置して、健康増進を推奨しています。大変結構な事と思います。私も時々使って体力を維持するよう努めています。

        大人気の遊具
        県立三川公園は、何時も、幼児や幼稚園児に好かれて、近郊で一番人気のある公園です。地面は木のチップを敷いた心配りも良いです。



        「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com

        | 巧の金庫 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
        温泉とライオンキング
        0
          我が家の春は,伊東温泉で海を見て日本庭園の見事な「海風庭えびな」温泉で癒したあと,翌日は劇団四季「ライオンキング」観劇で陶酔して幕を開けた。これは皆,子供夫婦からの私達父母へのお年玉でした、いや贈り物でした。お年玉は別に戴いてしまった。子供の時僅かしか与えなかったお年玉が何百倍にも増して帰って来ました。日ごろ苦労して稼いでこうして私達を喜ばすことが度々です。

          【伊東温泉】
          「海風庭えびな」温泉は「立地条件の良さに驚きました。駅から数分、メイン道路、港、桟橋、観光会館、なぎさ公園、夏は海水浴場、渚橋のたもと何と言っても日本庭園の落ち着いた佇まいは流石に歴史を感じます。「海の見える温泉」ぴったりでした。料理はあわびの蒸し焼きの「ボンとはじく」様子はこっけいでやわらかく美味しく食べました。朝露天風呂の帰りに池縁の離れの手すりにカワセミが飛来し暫く見とれました。日本庭園にカワセミは何ともいえない風情です。従業員の皆様もさり気ないもてなしが好感持てました。鳥好きの私は海川のウミネコやカモメと一日遊んで居たい気分でした。

          部屋からの眺め
          部屋からの眺、朝早く車の流れる前

          部屋からの眺め白波の青い海
          部屋からの眺、海は青く強風に白波を立てていた

          【ミュジカルは二回目】
          今日は浜松町、劇団四季(春)「ライオンキング」観劇
          ミュジカルは子供に誘われて大阪まで行って「マンマ・ミーヤ」が始めてで楽しくて,キャストの情熱的な演技と歌に心惹かれて,子供に機会があればお母さんに一度見せておきたいと希望を出していました。会員であるため正月の席が取れて今回が二回目の観劇となりました。

          【品川駅経由】
          在来線は強風の為遅れ気味、安全の為、新幹線で一路品川駅に向かう6分の遅れで無事到着。品川駅の変貌ぶりに驚きました、ビルの林立、中に入ると外国に行った錯角をさせる広いスペースに洗練された店つくりです。関東に住んで自然ばかり見ている私は、今日はお登りさんの気分です。
          昼食は「アローマデルカフェ」でスパゲテー野菜トマトソース550円とドリンク150円、ついミニラムチョコ210円も追加しました。いずれも安くて旨い店でした。

          劇団四季劇場

          【観劇で陶酔】
          満席の幕は開いた、黄金色に輝く朝日に動物たちが行き交う場面は煌びやかで荘厳さも感じ、神の存在さえ知らされます。私は、陶酔境に入りました。

          話は聞いて居ましたが是まで楽しくストリーが社会的に進むとは想像していませんでした。夫々の社会で如何の様に生きるかを教えてくれて親子の愛、「可愛い子には旅させろと」ことわざを思い出しました。また権力闘争の社会の行く末は言うまでもありません。

          個々のキャストの洗練された演技、音響、照明、舞台構成どれをとっても見事な演劇です。何年も続く理由はここにあります。

          ライオンキング広告


          「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com

          | 巧の金庫 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(10) | - | - |
          初詣でと一粒の実
          0
            恒例の初詣では二日、地元の座間鈴鹿明神社で参拝しました。柏手で神にお願いをしたあと一年の家内安全の御札を買い求め、そして今年は「お御籤」を引きました。境内は出店も立ち並び程よい混みようで落ち着いた気持で参拝出来て今年も始まりました。


            縁起もの
            座間鈴鹿明神社境内の縁起もの

            お茶の時間海老名ビナウオーク5番館3Fに向かう、目的はハワイkona coffee gardenのコーヒーです。コナコーヒーは15年ほど前現地で味わってからの好みの飲み物の一つです。
            一言で言うと研ぎ澄んだ調和の摂れた深い味と香りそして澄んだ渇色のコーヒーは最高です。
            私にとってもう一つお気に入りは私のブログの名「一粒の実」は「ゆうゆう写真販売」の看板写真から取っています、それと同じく赤い実を咥えたソーサーのデザインが好きです。

            ソーサーのデザイン
            ソーサーの鳥

            一枚の羽はどんな鳥でしょうか
            清流の一枚羽

            赤い実は何処から来て・・・何処にゆく
            水際の一粒の赤い実

            帰路、海老名市亀島公園の湧水に「一枚の羽」と「一粒の赤い実」を見つけそれぞれに思いを廻らしました。こうして縁起の良い出会いはお御籤以上に今年を予感させる初詣での一日でした。


            「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com

            | 巧の金庫 | 05:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            スイトピーの花束
            0
              年末の今日午前、我が家に一個の花束が「ゆうパック」で届き、送り主は子供夫妻からの贈り物でした。近郊の海老名市から産地直送のスイトピーです。梱包を開くと新鮮な55本の束から出る香りは、それは何とも言えない甘い香りが私の顔を包み込みながら部屋中に広るそんな気がしました。

              子ども夫妻は何かの節目に花束を贈ってくれます。忙しなく正月の準備をしていた手を休め花瓶に収めました。花瓶の花は御すそ分けした残りの花数です。

              花

              我が家の年越は甘いスイトピーの香りと子供からの「心の香り」が部屋中にただようなか、質素な正月にも華やかさがあります。
              写真を添付しました。私は生産者の回し者では有りませんので念の為付け加えておきます。

              新鮮でしたご参考まで

              今年も残り僅かな時間に成りました、皆様も良い正月をお迎え下さい。


              「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
              | 巧の金庫 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              青春
              0
                上司(M・A氏)から言葉の贈りものは、写真を贈呈した、お礼状につけ加えてあった言葉です。
                「青春」とは人生の或る期間を言うのでなく「その若々しい心の様相を保つこと、持ち続けること」の大切さを書いてありました。
                「青春」原作サミュエル・ウルマン。邦訳岡田義男から引用した記事の小さいコピーと共に戴きました。
                その上司も「青春」の記事を何年も前から、心の中にも大切に、留めてあることを書いてありました。

                私もこの「青春」の二文字を戴いてから、時々思い起し、この言葉は、加齢とともに奥の深さを痛感しております。それ以来、日々の課題に取り組み達成していく、強い意思を持ち続けたいと、過去、現在、未来へと思考を前向きに捉えて、一枚の写真に情熱を注ぎ込んでいます。

                こうした環境を与えてくれる、我がスタッフの皆んなに、言葉は少ないですが心から感謝しています。「ありがとう」。

                世の部下を持つ上司諸君達も、時を選んで、こうした言葉を部下に投げかけてあげれば、あなたの言葉に導かれ救われることでしょう。

                       さざ波は我に
                                     「さざ波は我に」

                       晩秋
                                      「晩秋の季節」


                          「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com

                | 巧の金庫 | 17:27 | comments(15) | trackbacks(1) | - | - |