SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

一粒の実

写真家 巧 八景のブログ。
水草躍る
0
    巧の水7
    水温む三月の清流には、水面の光りと伴に、ゆれ躍る水草があった。
    四季折々、清流を見ていると、水草の成長は、今は、日を追って、目をみはるほど伸びています。
    その水草は、流れに沿って、背伸びしては身を委ね、音色の情調までも誘ってくれます。

    もう言葉は要らないでしょう。

    清き水の流れと伴に、貴方の好きな曲が聞えて来るまで、心休めて下さい。
    ♪♪・・・♪♪・・・
    さて!貴方には、どんな曲が流れましたか・・・

    ほら、春の音が聞えますか

    座間市の丘陵地帯は、数箇所の湧水の里があり、水には恵まれています。
    お近くで、心癒せる、場所を見付けては、如何ですか。

    水草は「カヤツリグサ科」には4000種あり、単子葉植物の総称です。
    この、写真は、名称「ビャッコイ」=別名「カネヤマイ」と思います。
    福島県西白河表村金山地区の湧き水が出る、清流のみに自生すると言われています。多年草です。
    5〜50竸び、淡緑色で、花期は8〜9月。

    尚、記事中、地名、その他等、お気付きの点ありましたら、ご連絡戴ければ、
    調査して変更します。

    参考:日本水生植物図鑑 「北隆館」発行



    「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com

    | 巧の水 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
    相模川:風光る
    0
      川の流れは、父母のように
      《巧の水6》
      「啓蟄」の昨日は、最高気温18度の相模川、中流域(東側の座間市)には、早い春の日ざしを享けて、*キラリ*と、光る水辺が在りました。本流には、川鵜の食害から守る、鵜除けの縄が新しく張られて、稚鮎の放流が近い事が、うかがえます。そして、
      流れ止まない、水嵩は、一昨夜の雨で、何時もと比べて、僅かながら多く感じて、それが、一段と、水の表情を際立てていました。

      水辺の春は光りとともに
      水面は、春の日が、柔らかく揺れて*キラリ*と、光って「母のように優しさ」を感じます。

      優しく、厳しい、川の流れ
      一方、激流の、水の表情は、「力強い父親」の様に思えます。

      相模川の源流は、山梨県の山中湖です。河口は平塚市と茅ヶ崎で、全長さは109kmです。

      ノイバラの若葉

      護岸には、一番先に芽吹く、「ノイバラ」は柔らかく、若葉はこんなに伸びて暖冬を、此処でも感じます。
      そして、
      藪からは、上手になって、澄んだ声で、「ホーホケ・キョ・・」と、ウグイスが時おり、囀って、春を一段と演出しています。

      追記、
      鳥との出会いは、カワセミ、カワラヒワ、ジョウビタキ、ホウジロ、タヒバリ、ツグミ、ダイサギ、カワウ、です。カモ類は見かけません。
      ウグイスは綺麗な囀りの声だけです。

      昨日「啓蟄の日」の相模川の様子でした。




      「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
      | 巧の水 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      春の息吹
      0
        水草の光合成盛ん
        「芹沢公園」(座間市)に隣接する、芹沢川を訪ねてみた。川幅は2m程の小さい流れです。トンネルから出る水と、コンクリートの割れ目から、僅かに、湧き出る水が合流しています。小さな堰の水音も、何となく穏やかに聞えて、早春の日差しを受けていました。

        春の穏やかな水音は心地よい

        水草は盛んに「光合成」を行って、小さい直径2〜3ミリの気泡を抱えて、時々、水面に放しています。その様子を「かたち」で見る事が出来て、貴重な一枚と思います。=写真=

        水草の息吹が聞えます

        《光合成とは》
        「光のエネルギーを使って行う炭酸同化。明反応と暗反応の過程からなり、緑色植物では、ふつう水と二酸化炭素から炭水化物を合成し、その際酸素を放出する。ひかりごうせい。」  検索:大辞林から

        こうして、水の中にも春の息吹を感じて、水草を掃除して再度、撮影を試みたいと思う場所でした。

        トンネルの向こうは、知ることは出来ません。
        流れている水はとても綺麗な水ですが、少しは生活のあとも伺えます。




        「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
        | 巧の水 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        時空への想い
        0
          巧の水4
          日頃、探し求めている、水の持つ表情の魅力。そして、現実の世界から離れた幻想的な表情。今回は、あたかも、無数の星が宇宙の彼方に、飛び散る錯覚を懐かせる、一枚と成りました。
          あとは、多くを語る必要は無いと思います。しかし、現場で捉えた一枚の写真が、客観的な皆様に、どの様な、ご想像を導くことが出来るか、気に成る所でもあります。
          よりよい、想像の世界に、お導き出来る事を願っています。

          どの様な想いが湧きでますか
          「時空への想い」




          「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
          | 巧の水 | 10:14 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          青少年の受験
          0
            巧の水003
            今日の水模様は、気泡が、今にも大空に向って飛び出そうとする、その瞬間を捉えました。「もがき苦しむ」その動きは、昨今、青少年達が受験戦争の苦しみと戦いながら、一時代を過ごそうとしている。その事と、つい思いを重ねてしまいます。この苦しみの時は、「挑戦」の過程です。やがて開放の時は近くにあります。

            「青少年諸君!勇気を持って確実に一歩、前に進もう
            」。二歩、三歩いちどに進むと、無理が生じる時があります。

            知識や技能も必要ではありますが「人格形成」が伴う事を忘れてはならないでしょう。「経験も貴重な財産」になります。継続して努力していると、飛躍につながる場合がある事を伝えてやりたい。

            青少年諸君:今日の一日を有効に過ごそう!』 グッド

            希望の先には自由そして責任が待つています
            タイトル「希望」




            「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com


            | 巧の水 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            湧水の里、写真7点
            0
              巧の水002
              神奈川県座間市栗原「目久尻川」中流域に「いっぺい窪」と言う、湧水の場所が在ります。ここは四季を問わず、こんこんと湧き出て、測り知れない量の水が川に流れ注いでいます。長い間、此処の名前の由来を尋ねあぐんで居ましたが、お住まいの方から、話を聞く事が出来ました。それは、「屋号」から取られている事が分りました。

              座間市の水は、「市のホームページ」によると、世帯数5万1千余り、約127千人に、市内8ヶ所の地下水源から、くみ上げ、消毒して、3ヶ所の配水場から家庭に送られています。85パーセントが地下水でまかない、残り15パーセントは資源の保全と安定した給水の観点で「県企業庁」から受水しているそうです。それだけ座間市の水は豊富です。

              地下からにじみ出た水は森に・・・
               崕篶藝筺廚龍瓩湧水の森、夏はとても涼しい場所だそうです。

              澄んだ水の音は癒しの原点です
              ⇒き出る水は、四季絶え間なく流れながら、そして、「癒しの水音」を発てています。

              この絶え間のない流れの「いっぺい窪」の湧水を見て何とも「もったいない」気もして有効活用出来ないかと思いますが、これと言って名案は浮びません。
              しかし、下流の目久尻川の浄化に役立って居ると思えば仕方ないことでしょうか。
              現在は子供の遊び場となったり、地域の方々の癒しの場に整備されて居ます。水温を測ってみると14℃でした。この時の気温12℃です。時々行って、気温との差を測って見ると、面白い結果が出ると思います。

              整備された水路
              整備された水路付近は何時も地域の方々が綺麗に掃除しています。

              沈んだ葉と回る木の葉
              ね遒鼠佞竜╂瓠⊂さな水門で見つけた水模様です。

              水景色白のカーテン
              タ邑の滝は癒しを演出しています。

              夜の水景色
              水面に照らされた街灯は風情がありました。

              絶え間ない清水の流れ
              年中昼夜問わず、目久尻川に清水を注ぎ込んでいます。

              何時までも皆で癒せる「いっぺい窪」の湧水であってほしいと願っております。
              また、いつも綺麗に掃除して戴いている、掃除用具に書いてある、「あすなろ大学、わさび田クラブ」の文字の皆様にお礼を付け加えておきます。「何時も掃除、有難う御座います」。



              「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
              | 巧の水 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
              未知との遭遇
              0
                巧の水001
                日頃、水の持つ千変万化な水模様を意識して探し求めていると、現実の世界から離れた幻想的な表情と遭遇する事があります。そんな時、その表情の表現方法から芸術への領域に想いを深くして、その表情の世界へ入り込みます。水模様に遭遇した時、撮った写真に「陽彩」と名付けました。

                芸術論に就いては、専門の分野での諸先生方の卓越された探究に委ねることにします。自然を題材にした芸術品は数多くあります。山・川・草・木や花・鳥・風・月など古き時代から大切に受け継がれ、そして、また新たに誕生しています。

                自然を題材にする私の写真に執っても、地球の面積の2/3を被っていると言われている水が、空と地面を循環しながら生まれることは何とも言えない、自然の不思議な力を感じます。

                このような環境で、水模様を求めて出会った時、私の心の状態は高揚して、その表情を「一枚の写真」に捉えようと、情熱と創造を注ぎ込みます。こうして写真作品を撮ってます。写真の見方はいろんな意見があると思います。
                独り善がりの盲進かは、時の流れを待ちたいと思います。

                太陽の光りを享けて輝いていました

                2007年の新年を迎えた記念として、在庫品から写真の題「陽彩」を選びました。
                大小の無数の青い水珠は容を崩すストレスを感じません。緩やかなうねりの動きに、輝く太陽の光りを万遍なく享けて、力強さも感じます。そして、実に幻想的な世界に私を誘ってくれました
                今日も新たな表情を探し求めて、心の旅をしています。

                この画像はブログ用に撮影した、サイズ319×448ピクセル、62.8ピクセル
                です。


                「ゆうゆう写真販売」www.yuyu-photo.com
                | 巧の水 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |